京都府右京区の整体は【重症専門】Y's整体院(ワイズ整体院)

股関節痛・変形性股関節症

この変形性股関節症
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

変形性股関節症

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • イスから立ち上がる時や、階段を上がるとき、歩き出しと動き出して股関節周辺が痛む
  • 病院で股関節の間の隙間が狭くなっているまたは、無くなっていると言われた
  • イスで座っている時に足を組むと組みづらくて、痛みが出る事もある
  • 過去に定期的にスポーツをしていて、その後走ると股関節が痛くなる事があった
  • 過去に腰が痛くなったことがあり、股関節から音がなることがある
  • 家族やたまにある親戚・職場の人に歩き方が変だと心配された
  • 長年、歩く時に股関節が痛く杖をついても痛くて歩けなくなってきている

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

医師や専門家も 当院を絶賛しています

 

 

お客様の喜びの声が
\ 信頼の証です!/

 

「遊びに行くのも断らなくなりました!」

長年、腰から股関節の付け根が痛く立ったり、歩いたりするのがとても辛く
病院では手術を勧められていました。

その他に腰痛、首のムチウチ、手の腱鞘炎などあちこち症状が出て
これは、最後の望みだと思い友人が股関節の痛みが取れた!聞き紹介してもらって
Y’s整体院さんにお世話になる事になりました。

通う毎に不思議と楽になる感覚で、今ではあれだけ辛かった股関節の痛みがなくなり
手術しなくて本当によかったと思っています。

娘にも姿勢が良くなったと言われ、
友達の誘いも断らなくなりました。

(清水 芳江さま)

※効果には個人差があります

「一緒になって頑張ってくれる先生です!」

若い頃から、膝が痛くて色々と整骨院、整体院には通っていましたが
良くならずにそのまま放置をしてきました。

数年前から、歩くと両方の股関節まで痛くなり辛いので病院でブロック注射を
打ち続けてきました。痛みがその時は良くなるのでそれを、数年間繰り返して
いたら、いつの間にか両杖を突いても歩けなくなってしまい
家族から『寝たきりになるぞ!』と言われて、良い噂を聞いたので知人の紹介で
Y’s整体院さんに藁をも掴む思いで訪ねてきました。

髙松先生は、私を見るなり『寝たきりにならないように一緒にがんばろう!』
と励ましてくださり先生を信じる事にしました。
息子にも送り迎えをしてもらい、家族一致団結で『もう1度自分の足で歩きたい』
ただ、そればかりを想う毎日でした。

通う事、1か月が過ぎた頃でした。
先生が急に『私の手を掴まず院内を少し歩いてみましょう』
私は、自信がなかったのですが先生も傍にいるからと挑戦してみました。

すると、1歩1歩と歩けたのです!自分の足だけで歩くのは数年ぶりでした。
先生が、杖なしで歩けると言ってくれた事を信じて本当に良かったと感謝しています。

これからも、更に歩けるようになりたいので
もうしばらくお世話になりたいと思っています。

宜しくお願い致します。

(岩崎 芽有さま)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも股関節の痛み

改善されるのか?

 

他で良くならない理由

原因

あなたが股関節がおかしいと思い、ストレッチをしてみたり、どこかへ通ってみた事も

あるでしょう。しかし、あなたがなかなか良くならないのは、いくつかの理由があります。

その理由をケースで解説していきます。

 

様々なストレッチ

ストレッチには、いくつかやり方がありますが、ここではその説明はしていきません。

なぜか?ストレッチは基本的に筋肉に対する作用だからです。

股関節がおかしい・変形が始まっている場合には、筋肉だけの問題を解決したところで股関節に大きく関与しているヒザ関節・足首の関節・骨盤の関節である仙腸関節・腰椎に何らかの問題があるからです。つまり、筋肉は関節に問題があった結果ストレッチをしても改善しないと言えるのです。

 

スポーツクラブでのマシンや筋トレ

運動不足が原因だ・・・ネットや整骨院・整形外科などに行くと、こんな話につながり、「運動しなきゃ!」と前向きな人がやりがちなのが<筋トレ・マシンでの運動>になります。

運動不足での原因というのは大きな意味では間違ってはいませんが、だからと言ってマシンや筋トレをすればいいというわけでもありません。

ストレッチのところでも説明したように、股関節のトラブルや変形は、筋肉だけの問題ではありませんから、スポーツクラブにあるようなマシンや自らで行う筋トレだけでは関節に対応することができず、労を要するわりに股関節の悩みが解けるような大きな効果は得られないのです。そればかりか、かえって股関節の症状とそれに付随した、ひざ痛・腰痛を広げてしまう可能性を含んでいることを理解してください。

 

整形外科でオペをして良くなる人と良くならない人の違い

完全にくっ付いてしまうような変形をした股関節に限りますが、治療の最後の砦としてあるのが股関節の人工関節手術という方法と、メジャーな手術としてキアリ手術というものがあります。

人工関節手術の耐用年数は以前よりかなり伸び、15年~20年と言われています。

この後は、当然再手術ということになりますが、高齢になってからの手術は大変困難すると言われていて、体力がないと、手術をきっかけに見当識障害といういわゆる『物忘れ』

が進行する例が介護の現場の声で上がっています。

50歳程度で手術すれば、長くて70歳で再手術。60歳で手術すれば80歳位で再手術といったようになりますね。

また、キアリ手術という方法は、人工関節を使用せずに、あなた自身の骨を切って股関節の受け皿の位置を変えることで股関節の動作環境を広げようとするものです。

この手術は、予後が悪くないと言われていますが、股関節は片方の動作がおかしくなると、その影響で全身の重力バランスセンサーでもある骨盤への影響を経て、全身へとその少しの変化が波及していく事となります。

いずれのオペも1年・3年・5年・10年と長いスパンで経過を見ていった時に、股関節の症状は全身症状へと問題を拡大していく人、していかない人の差はそれまでに痛みと向き合い、改善のために努力してきたかという事が上向いた改善の道を辿るのか?

全身のどこかしらの部位で症状を拡大してしまうのか?という結果に繋がります。

まだ、手術をしたくない!と考えている人や、今後手術になるかもしれないと言われているのであれば、正しい身体の使い方・リハビリ方法を正しい指導のもとに受ける必要があるのです。

 

整骨院で電気治療やマッサージで良くならない理由

上でもお伝えしたように、股関節の動作の問題や手術を検討せざる方向と言われた場合は筋肉の問題だけで解決するものではありません。以前は私どもも整骨院として、電気治療をしていました。しかし、その目的は表層の筋肉や皮膚・筋膜への通電で穏やかな緩和目的として使用していたものであり、改善のためにやっていたわけではありません。

実際のところ、電気治療で通常骨には届かないからです。

そして、超音波というものも多くの整骨院・整形外科で主流の治療の選択肢として使用されていますが、関節内の股関節の潤滑面に対して効果するものではないのです。

マッサージの場合、基本的に筋肉刺激ですがやり方により骨への刺激にはなるものもあるでしょう。しかし、これがかえって問題になることもあります。それは、股関節の問題が進行した場合や、軟骨がすり減ってしまっている場合や軟骨がくっついてしまうようなことすらあります。この場合、関節同士で荷重がかかった状態で動かすことが本来の動作であることに対して、荷重がない状態で動かされてしまうので、本来の動作にない不自然な力として股関節に力が加わり、変形をより助長してしまう可能性があります。

そういった意味においても、股関節に限らずヒザや腰・頚といった各関節に対してマッサージや横から力を加えるような動作はかえって状況を悪くすると理解しておくと良いと思います。

 

一般的な整体の施術で良くならない理由

股関節が変形している場合、股関節に対して何らかの力が加わり、悪くなってからの時間経過があった結果が変形を作ったと言えます。多くの整体の考え方が、股関節の位置の異常が問題としてその位置に対して施術を行います。簡単に言うと『歪んでるから戻す』ということですね。しかし、これまで数年以上かかって変形してきた経緯を数回の手技だけの力で変形を戻せるかというと、とても難しいのです。

股関節は、単体で悪くなるのではなく、必ず股関節の受け皿である臼蓋部という所の骨である腸骨が、左右の股関節と釣り合ってどう動くのか?という事が普通の状態(生理的な状態と言います)ではなくなることで悪くなります。つまり、左右の股関節の釣り合いを整える為には、股関節を含めた骨盤の正常な動作を回復するために正しい歩き方が必要不可欠といえます。

多くの整体がこういった事を無視してひたすら位置異常を追っかけてしまうので

本来の回復に必要な動作とかけ離れていくのです。

 

 

症状についての説明 

原因

変形し始まっている人においても最初の症状は必ずあったはずです。最初の症状からどんなものであったのかを見ていくとわかりやすいので分類して見て行く事にします。

最初に感じる股関節の症状にはいくつかパターンがありますが、多くは二つに大別されます。

  1. 腰が痛いと感じる
  2. 股関節がなんか変、動きがおかしい・ぎこちない

こういったものです。では、1から説明していきます。

 

1.腰が痛いと感じる

まず、腰と股関節の関係を見ていきます。股関節の受け皿である臼蓋部というところは、骨盤の構成骨である腸骨という骨の一部分です。この骨は歩く際に足からの荷重と上半身からの重みを必ず受け止めることになります。この重みを受けて動作することが何らかの理由で左右同じように一定量動かせなくなると、股関節の動きに制限(可動域制限)として影響がでてきます。つまり、腰が痛いということが股関節に与える影響が実は直結した症状と言えるでしょう。

 

2.股関節がなんか変、動きがおかしい・ぎこちない

この場合、1の症状が少し進行した場合かあるいは、女性ホルモンの変動期において

股関節への力の掛け方に問題があった場合に起こりやすい傾向があります。

力の掛け方の正しい誤りを端的に説明すると、二本足で歩く生物である我々人間が、歩く事により身体をつくる事でできます。その証明に、1か月全く歩かなかったら筋力は弱り、胃腸の働きも落ち込み食べる事もままならなくなり、血やリンパ液の流れも悪くなって浮腫み、体温調整がうまくいかなくなることもあり、頭の働きもぼんやりとしてしまうでしょう。人は、重力に逆らって動き、身体を動かすことで内臓も含めた若い時のような身体の働きを維持します。

大きな話でしたが、身体の重みをうける股関節はこの影響による変化はとても大きいのです。自分の身体が要求する量の歩行量ではなかった可能性が高いと考えられます。

 

 

原因

imasia_8062366_M1-e1470652426506

では、股関節が変形してしまう原因や、股関節に痛みがあり、悪くなってしまう原因について説明していきます。

ここまで、股関節と骨盤の話をしばしばしてきましたが、股関節が変形・動きが悪くなる理由には骨盤の形状と動作の問題が二つあります。それぞれ2パートに分けて解説していきます。

 

1.股関節の形の問題(形状について)

変形性股関節の専門手術を行う先生の臨床例によると、変形を起こす人の80%の患者さんにおいて「臼蓋形成不全」という股関節の受け皿である関節が小さいというように言われています。生まれながらにしてそうなっているとも考えられていますが、少し考えてみて下さい。生まれたままの股関節の大きさ・形は変わらずにいるのでしょうか?股関節に限らず、身体は全て成長に伴い、変化変容していきます。一部、先天的に変形してしまっているものもありますが、多くは成長過程で股関節形成に必要な要素が足りなかぅた為に臼蓋部というところが発達しなかったと考える方が自然です。実際、20代・30代といったこれまでの年齢の時に症状がでなかったのか?という事に説明がつかない事を考えると自然な考えと言えるでしょう。残りの20%はホルモン異常や何らかの外力が加わったと考えることが出来ます。

 

2.股関節の動きの悪さ(股関節のはたらきの異常)

股関節の正常な動きは、ねじれながらお腹の方へ曲げる・捻じりを解きながら背中側へ伸ばしていくというものです。そして、股関節の働きに必要な要素は重力に対してどのように使うのか?ということがとても重要になってきます。その要素は大別すると二つしかありません。

  1. 荷重をかける
  2. 足を浮かせて振るように足を動かす

この二つです。通常、歩行時は臼蓋部(股関節の受け皿)でカラダの重みの3倍から4倍程度かかってきます。走った際は更に5倍から9倍以上の力が運動解析でわかっています。

これだけ聞くと荷重をかけすぎると良くないんだ!と思われがちですが、20代の人がスポーツや動く動作で、変形適齢期である60代前後の方よりも大きな力をたくさんかけているのにも関わらず、変形したせいで手術が必要なほど痛みや症状を訴えることはありませんよね。四つん這いでしか動けない赤ん坊においては、股関節にかかる力は体重の何倍もかけ続けているにも関わらず、むしろ歩くための準備になり、四つん這いが長ければ足腰が強くなるといった事が言われています。それらを考えると適度な荷重を掛け続けていくこと自体は、問題ではなく、股関節を動かす前に始動する、骨盤の仙腸関節と腰椎を含めた歩行動作の正常な働きが股関節に正しい荷重をかけ、しっかり使える重要な要素であると言えます。

 

 

当院での改善法

改善法

原因がわかれば8割以上改善できるとも言えます。ここまでお伝えしてきたように、股関節の臼蓋(受け皿)を作る骨である腸骨という骨盤の骨が重要なカギになります。

つまり、股関節を動かすためには、歩行のための始動部である骨盤と腰椎の関係性が必要不可欠です。そして、過去に膝や足首を転んだりぶつけたり場合や、尻もち・膝を打ったなどのケガの歴史をさかのぼりそれを紐解きして行く事が必要です。

この症状に対して、整復という手による施術で力が加わり抜け切れていないものを取り除きます。そして、股関節の動作に必要な骨盤・腰・膝・足首・背骨といったそれぞれの各関節に荷重をかけつつ滑らかさを回復させる各施術を専用の治具と運動療法「骨トレ」により動作の改善を目指していきます。

これには、悪くする動作や習慣を改める事から始まり、ご自身においても改善していくための「骨トレ」や「改善のための新たな習慣」をお伝えし、宿題として施術に来ていない時に取り組んでもらうことで改善へと導く計画をあなたのライフスタイルと通える頻度とやる気を図って決めていきます。

 

 

お試しキャンペーン

 

3月30日までに
\ご予約の方に限り/

 

症状改善整体コース

初回 60分
(カウセンリング・検査+施術)

     2回目(施術)

 

セットで 2,980円
※通常は初検料3,000円 施術料6,480円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:075496987024時間受付・予約フォーム MAP

 

 

 

まだまだあります!
お客様からの喜びのお声

 

「1人で悩まず訪ねてみて下さい!力になってくれるせんせいです!」

長年、調理師の補助をやっていて立ちっぱなしが多かったせいで
股関節の付け根の痛みが取れずにいました。

そんな時に、朝起きる時に急に目の前がグルグルと回りだし
立つのもできなくなりました。
その後、めまいも頻繁にでて病院に行くと薬で様子を見ましょうと・・・

以前、知人がめまいが良くなったと聞いていたので
Y’s整体院さんを訪ねてみました。

すると、通う毎にあれだけ酷かっためまいがなくなぅていき
スッと起きれる、動けるようになり驚いています。

股関節の付け根も長年苦しんでたのですが、それも解消され
まだまだ、仕事を続けられそうです。

ありがとうございます。

(辻 百合子さま)

※効果には個人差があります

 

 

他院とはどこが違う?

↓

Y's整体院の
8つの特徴 

 

1. 初回約30分のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

カウンセリング

痛みの本当の原因を特定することが根本改善への第一歩となります。時間をかけてしっかり検査していきます。

 

 

2. 丁寧でわかりやすいと評判の説明

説明

痛みの本当の原因について、わかりやすく解説します。ご理解・納得できるまでご説明しますので、分からない所は何でもお聞きください。

 

 

3. 20年間でのべ10万人が感動!院長が全て施術を担当します

オーダーメイド

20年間でのべ10万人を感動させた院長が、豊富な経験と高い技術を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

 

 

4. 痛くない!身体に負担の少ない整体

ソフトな整体

小さなお子様からご年配の方まで受けて頂ける、非常にソフトな整体です。

 

 

5. アフターフォローが充実!再発予防もバッチリ

アフターフォロー

施術効果アップ・再発予防のために、ストレッチ・体操などセルフケア指導に注力。更に姿勢の再チェックなども細やかに行い変化を見逃しません。

 

 

6. 全国の治療家が当院の技術を学びに来ています

セミナー

当院の技術が評判で、院長は全国の治療家に技術指導しています。

 

 

7. 病院・整骨院・整体院、どこに行っても良くならない方が多数来院

0493FB8F-583E-4310-98C8-8EC199AB8A4D

これまで何院も回って改善されなかった方が多く来院され、健康なお身体を取り戻していかれています。

 

8. 常に結果にこだわります

yawara_0024

治療家は結果を出して当然です。「何となく良くなった」「ちょっと身体が軽くなったかも」ではなく、痛み・しびれが根本改善する結果を追い求めます。

 

お試しキャンペーン

 

3月30日までに
\ご予約の方に限り/

 

症状改善整体コース

初回 60分
(カウセンリング・検査+施術)

     2回目(施術)

 

セットで 2,980円
※通常は初検料3,000円 施術料6,480円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:075496987024時間受付・予約フォームMAP

 

京都府右京区の整体は【重症専門】Y's整体院(ワイズ整体院) PAGETOP